KOMEHYO(コメ兵)のブランド買取レポート ほんとの査定額と口コミ

ブランド買取のコメ兵(KOMEHYO)

「いらんものは、ぜ~んぶコメ兵に売ろう!」でお馴染み(古すぎるか)、今や日本最大のリユースデパートであるKOMEHYO(コメ兵)に実際に査定依頼して来ました。

実際に査定依頼で使用したブランド品5点

 エルメス トートバッグ ガーデンパーク 使用感あり 下部の縁にダメージ
 ルイ ヴィトン 長財布 ジッピーウォレット モノグラム ほぼ未使用
 ロレックス 腕時計 デイトジャスト かなり古いが数年前にオーバーホール後未使用

 シャネル チェーンショルダーバッグ マトラッセ かなり古い 使用感あり

 グッチ ボディバッグ 数回のみ使用 美品

それぞれのブランド品で状態は様々ですが、普通に使用してきたものからほぼ未使用のものまで取り揃えることができました。

全ての品物にギャランティ(保証書)はなく、購入先を証明するものはありませんが、正規店から購入した本物です。

ロレックスは箱や余りのコマはなく、本体のみとなっております。

 

KOMEHYO(コメ兵)の実際の査定金額

KOMEHYO(コメ兵)
合計金額 ¥327,120
エルメス  トートバッグ ¥30,000
ヴィトン 長財布 ¥57,120
ロレックス デイトジャスト ¥200,000
シャネル ショルダーバッグ ¥30,000
グッチ ボディーバッグ ¥10,000

オススメ度2.0

 

KOMEHYO(コメ兵)の査定レポート

今回はやや辛口のレポートになるため、どこの何店かは伏せておきますが東京のお店です。

 

お店に入り、買取で来た旨を伝えるとやや奥まった場所にあるカーテン越しの買取受付のカウンターに通されました。

接客は丁寧でスムーズ、さすが上場企業です。

 

受付時に名前と生年月日を記入します。

間接照明の効いたこざっぱりしたカウンターで丁寧な接客のもと査定スタート。

最初に

「バッグと財布を担当させていただく○○です。よろしくお願いします」

とスタッフの方がエルメスやヴィトンを査定していました。

 

 

すると、上手の裾から

 

「時計担当の○○です。ご来店ありがとうございます」

 

と時計担当の方が現れて2名体制での査定に。

 

時計に関して、保証書やギャランティーの有無を聞かれました。(無しと返答)

 

そしてロレックスの時刻を進める操作の方法を聞かれましたが、私はロレックスの操作方法は一切知らないので、分からない旨答えました。

 

すると、

 

「竜頭の部分を回しても時刻が進まないので、これは故障していますね」

 

と言われました。

 

 

「えっ?」

 

 

 

他店で査定してもらった時に担当された方は、確か動作確認していました。

それもサラッと。

 

「さっき他のお店で査定した時は大丈夫そうだったんですけど……」

「いやいや、でもここが進まないですからね。逆にお客様が操作して動かしてもらっても良いですか?」

 

と言われたので

「私は操作の仕方がわからないのでたぶん動かせませんが、でも壊れてはいないと思いますよ」

と伝えました。

 

そんなやり取りをしながらカチャカチャ操作をする時計担当○○さんでしたが、

 

「あ、動きました。正常ですね」

 

と、

 

そこはサラッと……。

 

一瞬バッグと財布担当の方の目に気まずさが走りましたが、何もなかったように査定継続。

 

おいおい!と心のなかで突っ込みましたが、

しかしまあ、そんなになんでも詳しいわけないですもんね。

 

 

時計担当の方がロレックスのデイトジャストを査定金額「200,000円」で提示されたので、

 

「他のお店では300,000円の査定でした」

 

と伝えると

 

「ちょっとうちでは出せませんね~」

 

という言葉を残して、また上手の裾い消えていきました。

 

その後、微妙な空気の中でバッグと財布の査定額を提示されました。

そこで気になったのは、「ヴィトンの財布の布袋が古い」という指摘があったこと。

これは敢えて言い返しませんでしたが、誤認でしょう。

 

そして、一通り金額を聞いてからキャンセルを伝えお店を後にしました。

 

査定時間は20分程度。

けっこう早いです。

 

 

 

 

まとめ

これはあくまで、この時の、この店舗の、この査定に関してのみの印象なのですが、

 

「それっぽい雰囲気出して安く査定しようとし過ぎ」

 

でした。

一品一品の価格に関しては

・エルメスのトートバッグは、さすが日本一有名なリユースショップだけのことはあります。かなりお高い3,0000円。

・ルイヴィトンの長財布は、未使用品として査定。ジッピーウォレット(外側がチャックの長財布)の未使用品は、定価に対して何%で買い取るか決まっているとのことで57,120円という半端な査定。少し安いかも。

・ロレックスのデイトジャストはジャスト200,000円。あれれ?

・シャネルのショルダーバッグは30,000円。まずまず。

・グッチのボディーバッグは10,000円。

 

合計金額でみると、かなり安くなります。やはりロレックスが……。

 

 

オススメ度2.0

 

スポンサーリンク

 

KOMEHYOへのフォロー

今回はこのような感じのレポートになりましたが、たまたまかも知れませんし、他の店舗ではもっと高いかもしれません。

KOMEHYOでは宅配買取もやっていますので、そちらも試させてもらいたいと思います。

 

ちなみに店舗はかなり良い雰囲気でしたので、そのあたりの質は一流であることは間違いないです。

 

KOMEHYOってどんなお店?

ブランド買取のKOMEHYO(コメ兵)

目利きのいるリユースデパート。

どの世界にも、プロフェッショナルが存在するように、
リユース・リサイクル・中古販売の世界にも、プロフェッショナルがいます。
それが、いわゆる“目利き”です。
KOMEHYOでは、すべてのジャンルで彼らが目を光らせています。

厳し目、優しい値。

もちろん全員、メーカーの専門家よりも、巷のマニアよりも、どこの誰よりも、
そのジャンルに詳しくなければ務まらない、プロ中のプロ。
皆さまが持ち込んだモノをひとつずつ丁寧に見極めできるだけ高く買取り、
必要があればメンテナンスを施し、どこよりもリーズナブルに店頭へ並べています。
そう、KOMEHYO は、業界の常識とも言える「安く買い、高く売る」とまるで正反対。
わたしたちはただ、モノを右から左へ流し、利益を追求しているわけではないのです。

売るヒトの、買うヒトの、ココロを満たす。

KOMEHYO は、「高く買えばモノがあつまり、安く売ればヒトが集まる」
という創業の精神を守り、
「モノはヒトからヒトへ伝承(リレー)され、
有効に活用(ユース)されてこそ、その使命を全うする」
という企業理念を何よりも大切にしてきました。
おかげさまで、お持ち込みいただく品数も、お買い上げいただく品数も、創業以来右肩あがり。
そして、どのお客さまも笑顔でお帰りになるのが、何よりも喜びです。
これからも、売る人・買う人双方の想いを大切に、
ココロから満足いただける商いを行っていきます。
どうぞ今後ともご贔屓に。

ホームページより

http://www.komehyo.co.jp/

 

 

 

 

「結局どこが一番高く売れるのか」知りたいあなたへ

当サイトでは管理人が実際に全国のブランド買取業者に査定依頼をして、徹底比較しております。

一番高く売れる店を、各ランキングの記事を参考に見つけてもらえればと思います。

ブランド買取店査定比較ランキング!【最新版】おすすめベスト68社【全国版】

エルメスの買取が高い業者ランキング!68社の査定を比較したおすすめ6社!

ルイ・ヴィトンの買取が高い業者ランキング!68社の査定を比較したおすすめ5社!

ロレックスの買取が高い業者ランキング!68社の査定を比較したおすすめ5社!

シャネルの買取が高い業者ランキング!68社の査定を比較したおすすめ5社!

グッチ(GUCCI)の買取が高い業者ランキング!68社の査定を比較したおすすめ4社!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

KOMEHYO(コメ兵)のブランド買取レポート ほんとの査定額と口コミ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です